プロフィール

hitasura_baseball

Author:hitasura_baseball
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
巨人 6 - 1 DeNA

<序盤>試合結果は確認したので、ささっと録画観戦していきます。初回の畠は三凡。桑原と柴田初球までは直球が荒れていましたが、柴田、筒香と左打者の胸元にしっかり直球を投げられたのは好印象です。昨日の菅野が外シュなどで外に広げていくスタイルを取っているので、同じ右投手でも直球の使い方でアクセントを付けられるのは良いことだと思います。

連続四球からの坂本適時打、阿部右犠飛でまず2点。更に村田弾が飛び出してビッグイニングに。阿部犠飛での三走マギは良く走ってくれました。坂本フルカンで走者を動かし、それが先制点に繋がりましたが、投げっぷりの良い濱口で荒れ気味の立ち上がりですから、正直やり過ぎかなと思います。

一死から宮崎安打。戸柱の大飛球は陽の守備範囲。4点がある分、小林もしっぺ返しを恐れずに直球を要求出来ますが、球威があるだけに枠に入れていかないと勿体無いです。梶谷四球で一二塁も濱口三振で無失点。

<中盤>え、4点差の一死一三塁から小林スクって何?余裕のある状況でしっかりバットを振らさないと伸びるものも伸びなくなりますよ?三走は村田ですので、犠打の質はそこそこ要求されます。このやりたがり病はほんとどうにかした方が良いです。(そりゃ、小林も何とか転がさないと駄目ですけど・・。)

二死からの四連打で2点追加!四連打とか何時以来でしょう?二死満塁からの石川遊ゴ二塁封殺のプレーですが、シビアなタイミングだと絶対に正確な判定など出来ないと思います。二塁手が手足を伸ばしてグラブに収める瞬間と一走の足がベースに付いているかどうか?両方確認出来るわけがありません。色々と条件の整備は必要だと思いますが、チャレンジ制度を望む声が挙がっても不思議ではないと思います。

先頭倉本内安も後続凡退。桑原へのカットや筒香へのチェンジ。腕が振れている分、パーツとして計算出来る変化球が複数あるのは畠の強みです。直球で2つ三振を取っているので、そりゃ簡単には打ち返せないでしょう。(筒香)

先頭小林遊ゴは最低の打席内容。二球目直球は打ちにいかないと駄目ですし、スラに対しても適当に当てにいってしまっています。また(思考停止気味の)悪いモードに戻っちゃってる。先日書いたように空振りを恐れずに振らせないと・・、6点差だから思い切り振ってこいと、恐らくそういう声を掛けていません。最近のR&H指示を出さずに積極的な取り組みを徹底させていれば、こういう無意味としか思えない打席は少しずつ減っていくはずなんです。ヤク戦初戦で三塁打を打ち、翌日も一打席目で安打していた小林に次の無死一塁でR&Hをさせました。(その打席は投ゴ併に)変な背伸びをさせて、悪くなかったリズムを崩しているのは首脳陣なんです。自分らの都合で小技を色々やらせるなら、その後のフォローもしてやらないと。打者を育てるというか、現状の力をロス無く発揮させるということが本当に下手だと思います。

<終盤>宮崎への外角直球連投は質があって良いですね。その後にカーブをしっかり投げれば、首位打者とて合わせるだけの打撃にならざるを得ない。こうした打者の打ち取り方を感覚で覚えていけると、二桁勝てるような投手になるのでしょうね。

梶谷はそこそこ直球へのアプローチが悪くなかったと把握しているので、スラの連投から入ったのでしょう。2-1からの直球をど真ん中に投げて被弾と。防ぎようはあったかもしれませんが、そう甘くはないということで打たれて上等という本塁打だと思います。八回は明らかに疲れてますね。梶谷弾以降、無走者で凌いだことは首脳陣に悪くない印象を残したかと思います。

おいおい、5点差一死二塁で小林を敬遠する意味が全く解りません。ちょっと采配におけるポリシーが偏り過ぎでしょうか?そこそこの打者ならともかく、高確率で打ち取れる小林を歩かすのは、昨日の満塁弾を目にしているファンからすると到底受け入れがたい選択だと思います。まあ、対左というだけで相川を出すウチもどうかとは思います。山本や中井にしない理由が解らない、何なら宇佐見でも良いくらいです。この判を押したような選択が上記した小林への一連の指示ともリンクしてしまうわけで、先日書いた「野球が浅い」という印象に繋がってしまうんですよね。

お、一日空いての西村登場。小林が筒香を抑えるのに直球の内外を使い分ける面白い取り組みを見せましたね。一失となったスラも要求通りの外に来ていたら、痛烈な打球にはならなかった。ロペはここで踏ん張らないと不調ゾーンにはまってしまいそう。しっかり内低にいけば、内シュで宮崎を打ち取れるんですね。試合終了。

<締め>広島相手だとこう上手くはいかなかっただろうというのが今日の畠への感想です。横浜打線がボール球に手を出しすぎですし、畠ももっと直球をしっかり投げないと「たられば」のような勝利しか手に出来ないと思います。スペックの高さと投げっぷりの良さという点では先日相対した藪田や岡田に似た部分もありますけど、彼等の方が投球が形になっていました。適度の荒れも武器ではありますが、梶谷弾のみならず、フェンス際まで届いた飛球も幾つかありましたから、また今後の糧として直球の精度を磨いていってほしいです。初回の坂本適時打で触れたのに加えて、四回裏無死一塁での長野フルカンでも村田を動かしています。(結果四球)これも絶対にやり過ぎです。昨日も無死二塁、追い込まれていない中での長野の対応について書いたじゃないですか?小林と同様に長野も一球一球しっかりと振り切らせて、中途半端に伸びてしまう悪癖を取り除いてやらないといけないのに、併殺を恐れて走者を見境無く動かしてしまうので、対応ありき(センス頼み)になってしまう現状の課題が放置されたままになってしまいます。だって、村田ですよ?普通の打球なら大した併殺予防にはなりません。何でこんなことを書いているかというと六回裏先頭の小林遊ゴがあまりにも情けなかったからです。ただ、それが小林の不甲斐なさだけによるものではないということを先日のヤク戦からのプロセスを踏まえて説明したかった、そういうことです。「要らんこと」を指示するなら、普段の打席も好結果を残せるように打者に絡みなさいなと。そこは全くの放任主義なので、中途半端なベンチにしか映らないという話です。それでは、また明後日。(甲子園の使用球は流石に飛びすぎだと思います。パッと見でA級に見える投手がいないので、打者への評価も三割減くらいで考えるべきかと思います。今大会最初にチラ見した試合が作新学院と盛岡大付の一戦だったので、その印象から盛岡大付と広陵が強いかなと思っていましたが、盛岡大付は負けてしまいましたね。大阪桐蔭も打撃に精度が無く、試合巧者ぶりが売りになってしまう小粒なチームだったかと思います。)
スポンサーサイト
巨人 6 - 1 DeNA

<序盤>二死一塁でロペ2-0、力で押した方が被弾する確率は低いかな。三球目も外直球で3-0。しっかり投げられるなら内を突きたい3-1は小林が内に寄ってロペ三内安。(一走柴田の勇み足で挟殺死)ボール先行からのロペへの攻めは妥当なバランス感覚だったと思います。

上手く詰まって先頭陽二塁打、マギニゴで陽三進も坂本、阿部凡退。う~ん、坂本に何とかしてもらわないと困るケースです。

二死からの桑原弾で横浜先制!裏をかいたつもりの内スラ要求を非常に上手く捌かれました。反応されてもファールになるだろうという読みもあったと思います。狙い球に対して思い切ったアプローチを取ってくる打者ですが、これだけの数字を残せていますから、打席での断捨離が上手いというか、自分という打者への理解が正しいのでしょう。

<中盤>直球のみでの筒香三振は菅野ならではといった投球。宮崎は低めを上手く捌くことに自信のある打者なので、菅野のフォでも空振りを取ることが出来ています。長所と短所は紙一重ですが、それでも桑原同様に自身のスタイルを確立していますよね。(首位打者ですから当たり前か・・。)

亀井二塁打で無死得点圏。長野2-0は何で来ますかね?内角直球で2-1、堂々としています。この続けられた内角直球に対して、あわよくば運ぼうという器用な対処をしてしまうのが問題だと思います。最近の内角を捌く時はしっかり回れていますし、若しくは押っ付けて一二塁間に転がしてくれないと困るケースです。結果的に中途半端に見える対応で投ゴとかされた時が堪りません。長野死球も小林犠打は三塁封殺に。これは面白い対応をされましたね。ふぅ、菅野犠打後の陽二塁打で逆転に成功!昨日の本塁打とほぼ同じ打撃です。

倉本初球安打で無死走者、踏ん張りどころか。簡単には得点圏を与えまいという菅野の意地というか、随分と牽制を挟んで桑原右飛。う~ん、捕逸と柴田四球で結局、得点圏で筒香を迎える形となってしまいました。ちょっと菅野が神経質になりすぎでしょうか?完璧な2球で筒香0-2、フォを見られて2-2に。ベストの外角直球か初球と同じ内低スラ系か?外低直球は厳しい判定でフルカンに。カーブでも投げれんかな?外低直球が外れて筒香四球。やや一人相撲になっていますが、ロペ三ゴ併で無失点、ふぅ。拘りのある筒香への外低勝負は十分な一発警戒でしょうか?あれを左中間に運べるまでの最高の状態には無いという認識。ロペへは初球シュで仰け反らせたことが功を奏しました。

<終盤>亀井四球、長野二塁打で無死二三塁。菅野を降ろすなら(小林に)代打宇佐見も有りか?1点差は捕手能力でカバーしきれるものだとは思いません。ちょっと意外な小林敬遠での満塁策。横浜側は守備判断がややこしくなると紛れが起こってしまうので、もう全部バックホームという指示を出すのでしょうね。セースクが狙えるかどうか微妙な守備体系、動きは無く2-2に。菅野三振、珍しく「立っておけ」指示を出しましたね。これはけど、陽にだって併殺はありますから、ちょっと消極的な姿勢に見えなくもないです。陽三振、マギフルカンからの満塁弾で全てが上手くいきましたが、最低限の1点を取る確率だけなら、菅野打ちの方が高いように思います。(打撃が下手な投手だと全く別)複数点を取るとなるとまた違ってくるかな・・。結果として小林敬遠がマギまでお鉢を回す格好になりましたから、本塁封殺や併殺を重視したラミ監督の選択は裏目に出てしまいました。ウチはそのお陰で小林や菅野にセースクなどの指示をせずに済みました。私も「要らんことをするな」と書いているくちですから、この選択に苦言を呈すべきではないのかもしれません。(笑)しかし、ウチの首脳陣がぽんとアウト一つを差し出すのは本当に珍しいことなんですよね。不思議なものを見た気分です。

菅野が足を軽く捻ったか、若しくはつりましたかね?斎藤Cも笑顔なので、大事では無いと思います。二番手マシが桑原を抑えて無失点。

<締め>九回裏を観つつ。菅野の調子は悪くはなかったと思いますが、六回は味方が逆転してくれた直後のピンチということで絶対にゼロに抑えようという強い意志から、あれだけの間を掛けた投球になってしまったのでしょう。柴田、筒香への四球は不本意でしょうけど、また次回への課題として凄みのある投球を見せてくれればと思います。坂本のコンタクトが目に見える形で上向いてこないのがネックですが、まあ、昨日今日と勝てているので贅沢は無しですね。それでは、また明日。
巨人 9x - 7 DeNA

<序盤>スラの精度を欠いて先頭桑原安打、田中浩犠打で一死得点圏。筒香初球適時打で横浜先制。宮崎二塁打で二死二三塁も嶺井中飛。まだ立て直しが利きそうな立ち上がりの悪さに見えますが、どうでしょう?(宮崎以降は少し腕が振れだしたので、良い感触が手に付くかどうかかなと。)

石田の前に超あっさり三凡。横浜の捕手では戸柱よりも嶺井の方がゾーン内でカウントを作る度胸、バランス感覚が上だと思っています。(昔から嶺井への評価は高いです。)

石田、桑原に安打を許すも無失点。失点さえしなければ、ぽこぽこ安打されても気にしなければ良いと思います。下手にゾーンと喧嘩するよりも球質を測るバロメーターになるかなと。

一死から村田安打、初球の踏み込みの力強さからして相性の悪い相手ではないというオーラ(自信)があったような・・。(いつもと感じが違う。)長野遊ゴ併。

内外への投げ分けが利いて先頭筒香中飛。バットは折られたものの、筒香も内角直球に反応出来ているので調子は悪くないのでしょう。

先頭石川安打。結果三凡を仕方無しと思えるなら小林強攻、得点圏の確保優先なら小林犠打、シンプルに言えばその二択です。小林1-0から今日もR&Hを敢行、一ゴ併崩れとなりました。見ての通り、ダブられてもおかしくありませんし、常に枠内に球が来るとも限りません。(石田の変化球の質なら空振りも多いにある。)これが采配としてリスク管理を踏まえた一手には見えないというのが、昨日から書いていることです。田口、陽凡退。

<中盤>先頭マギ弾で同点!石田のチェンジ失投ですが、三振を恐れずにベストスイングしていくことの大切さを感じる一本です。一死一塁から村田が10球粘って中前打。追い込まれるまでは一打席目より硬さがありましたが、これだけ打席を作れるのだから、やはり石田へのイメージが良いのだと思います。問題は長野、マギのように振れるかどうか?長野投ゴ併崩れで巨人勝ち越し、スローを見る限りは一塁塁審の誤審かな。もう少し当てにいく要素を減らせられないものか?坂本のように「行き先は球に聞いて?」くらいの取り組みになった方が良い打者です。(ファールがバックネットから一塁方向へ飛んでほしい)そう、正に石川3-1からのファールがそれ。石川三振まで。

初球スラ失投を筒香フェン直単打で無死走者、超ラッキー。宮崎安打で一死一二塁、前の打席でスラに合っていなかった嶺井に対してミスをしないこと。あらま、勝負球のスラを真ん中の高さに投げちゃった。嶺井二塁打で同点、梶谷3点ドームランを見届けて離席。(抜け)

<終盤>七回表開始時に復帰。ロペ四球で無死走者。昨日と今日でどうしてこうもスラが入らなくなるのか?(西村)宮崎技あり打で無死一二塁。前回対戦時よりも遙かに状態が良く、小林の思惑とは逆に内低をしっかり捌いてきます。梶谷敬遠で満塁策を取るも後藤適時打、倉本左犠飛で3点差に。何を投げたらストライクを取れるのか?外スラでも内シュでも好きな方で良いからしっかり投げてくれという話、日によってのばらつきが大きすぎます。(小林はその後の幅を広がりを考えての内シュ優先)

あ、(陽のポイントに)はまった。一死一二塁からの陽3点弾で同点!自分の持ってる形で逆方向にあそこまで飛ばせるのは凄い。ドラフト上位選手ならではの身体能力の高さですかね。坂本、阿部連打で二死一三塁。阿部相手に直球主体の左腕を投入するのは得策ではないけど・・。村田が決めてくれると今日のまとまりとしては最高、ラミ監督も村田を迎えたところで石田を代えましたよね。村田三直で勝ち越しならず。

マシと宇佐見のバッテリー。先頭柴田四球で無死走者。ロペがスラを2球ファールしましたから、後はボールになるスラかフォ勝負か。フォを選択するも明らかに外れてフルカン。直球への対応も悪くない、スラの打ち損じを期待するくらいしかありませんが、それが抜けてロペ四球。これはラッキーだったかもしれませんよ?甘く入るとどの球種でも危なかった。宮崎初球は直球空振り、内角に続けたりして追い込めると楽になりますが・・、うん。宇佐見の要求は内低直球、良い選択です。(浮いて1-1)2-2でスラがきっちり来るか?きっちり来て宮崎ニゴ併!追い込む勇気と締めへのビジョンがちゃんとあるので、素性の悪さは感じません。しかし、ロペは四球で本当に良かった。(笑)

あら、宇佐見の犠打は一球で諦めるんだ。宇佐見三振で二死得点圏を作れず。この最初の一球の重さに対する認識がどうなのという話を疑問視しているわけです。たらればですが、二死二塁であれば橋本の打球は抜けていたかもしれません。宇佐見への苦言は全くありません、ベンチが何を目指して野球をしているのかという話です。

<延長>二死二塁、筒香2-0となってロペ勝負を選択。ロペも前の打席で良い集中を見せていましたから、この選択にしっかりとした裏付けがあるとは思えません。う~ん、0-2から(サインが)合いませんね。フォを意識しているでしょうから、直球が良いとこにいけばねじ伏せられると思います。奇跡的に外スラがコースに来てロペ三振。勝ってしまいたい展開ですけどね・・。

村田左飛は打ち損じ、主役になってくれません。(泣)お、二死からの中井ラッキー二塁打で宇佐見がヒーローになるチャンス!ちょっと打席での呼吸が田中(広)に似てますかね?スラに対して開くのがまだ早いですが、ボール球に手を出さないのは姿勢が正しいということです。キターっ!宇佐見弾でサヨナラ勝ち!

<締め>やっぱり、プロセスは嘘をつきませんね。逆にいえば、村田が決めてもうヒロインを終えていないと駄目です。今日の石田と砂田では質に差がありますからね。初安打もさることながら、この一振りは生涯忘れることのない記憶になるのでしょう。宇佐見もスタメンで起用してみるべきだと思いますが、先日の話、1点を追うケースで陽に犠打させるかどうかというのがあったじゃないですか?あれと似た選択の話ですけど、少ない失点で抑えてくれそうな三本柱の日に起用するのか、若しくはQS達成を目標とする裏ローテの時に打線の増強目的で起用するのか?菅野やマイコには小林への信頼もあるでしょうし、そこら辺をきっちり考えた上で一度早めに起用してやることです。今のところは捕手として変なこともしていませんし、とりあえずは先発で出してみないことには粗探しも出来ません。さて、試合の方。横浜にとっては坂本の技あり弾がかなり余計でした。田口はちょっと今日はコンディションが悪かったように思います。(技術的なことよりも体調の方かなと。)石田が見事だったとはいえ、投手に直球を2安打されましたし、中盤持ち直したかに見えましたが、KOされたイニングは筒香への初球スラ失投が切っ掛けでした。スラが甘く入り、直球にベストの力が無いとすれば、回避は容易でない失点だったかと思います。ラミ監督の継投タイミングについて上で触れましたが、こちらはタオルを投げませんよね?斎藤Cが適切に間を取っていてもあれですから、田口以上と思える人選がいないとはいえ、筒香の打ち損じを願って続投させたのはどうかなと思います。(あの得点状況だと代えないのは簡単なこと。)こういう望外の結果だって起こり得るわけですから、R&Hをさせたり、犠打を一球で諦めたりとのらりくらりせずに、勝利に向けたビジョンでチームを強く引っ張っていくのが首脳陣の仕事だと思います。それでは、また明日。(まあ、しっかりと内容を分析すれば3位と4位の試合だという話になっちゃいますよね。広島の野球はここまで個の才能(坂本と陽)に頼ったものではありません。)
ヤクルト 4 - 3 巨人

<序盤>星は初球からして前回ほど力を溜めて投げている感じはありません。低め直球とカット、スラの組み合わせにどう対処していくかかな。二死一塁からは阿部右飛、やや詰まりましたが、イメージ的には悪くない内容。

無死一塁からの山崎二飛は何とかマギの守備範囲。スラは前回より気持ちましに見えますが、追い込んでからの直球系が概ね甘いです。おいおい、山田四球目の球審ジェスチャーは何だ?(笑)まだ三振じゃないってば・・。バレ、山田は低めを打たせることが出来て無失点。もう少しストライク先行でいきたいところですが、四球と被安打される確率の兼ね合いがどうなのかな。

直球見逃し前の低めスラはボールだと思いますが、そこで一球でも多くカットしてくれることが重要なんだけどな・・。(長野)一回り目とはいえ、5番村田、7番長野が様子見レベルの打席では話にならないと思います。前回とは出来が違うとはいえ、星の投球スタイルはオーソドックスなものです。

フルカンから先頭リベ二塁打(入りは3-0)、中村死球で無死一二塁に。はい、荒木弾で3失点。内海の場合は良くて五回3失点。それが今の実力ですから、ぶっちゃけた話、先発として起用することに無理があるかと思います。被弾を防ぐ我慢の配球はあるかもしれませんが、そもそもリベ3-0の時点でこれくらいの結果は見通せますよね。二死二塁から山崎適時打で4点差。外角直球は130km台、外に要求したカットは真ん中に、そりゃ、このパーツ構成だと一打席目に合わなかったスラーブも打ち返してきます。宮國がバレを打ち取って、この回終了。バレ初球のスラのブレーキは良い時のそれでしたが、継続性はどうでしょう?

小林安打から一死得点圏。マギ中犠飛でとりあえず1点。1点目が無いと何も始まりませんので、最低限ながら良しとすべき結果だと思います。ぶっ、あまり嬉しくない阿部四球で二死満塁に。変に警戒しての変化球失投とか来んかな・・、初球外直球をファール、追い込みを狙ったフォを見て1-1。外カット外れて2-1、こうしてボール先行にしてしまうのが中村なのですが・・はい、村田適時打で1点差に。さして信頼性の高くない二球目フォで1-1としたことが、紛れを呼ぶ要素になっちゃってるんですよね。亀井安打も阿部本塁憤死で3点止まり。

宮國の三回裏は三凡。良いスラと悪いスラの割合は半々といったところ。

<中盤>先頭長野四球。小林初球に謎のR&Hを敢行するもファール。タイミングを取るのが超下手糞な打者に応用を要求するなと、併殺が恐いなら犠打させるべきです。ちょっとしたことが折角の打撃への手応えをふいにする可能性もあります。最悪の小林投ゴ併。何でベンチが都合良く背伸びをしようとするのか・・、このワンプレーに於けるリスク云々よりももっと腰を据えた試合運びをする必要があると思います。簡単には言い表せないのですが、非常に浅い野球に見えてしまいます。(抜け)

五回裏二死一二塁、リベの場面で復帰。宮國の投げる低めに対しての判定がちょっと辛いですね。宮國の投球も小林の山田への配球も何とか無失点でという我慢が見て取れるものですが・・、リベ三振で無失点!よく根負けせずに頑張ってくれました。先頭坂口四球は追い込んでからの精度を欠いたもの、全体的に甘い入りも目に付いたりで諸手を挙げて宮國を誉める気にはなりませんが、首脳陣にとっては明るい材料かと思います。

一死から亀井、長野連打で一二塁。うん?小林1-1からのセーフティは誰の意図だ?得点圏なのに二死二三塁にしようとする意味が解りません。自身が生きるもなにも安打なら1点じゃけぇ。ここで打っての併殺は仕方ないですよ、野球だから。三振のある小林でフルカンから走者を動かすのもどうかと思います。三振併殺を食らったら宮國に続投させるのでしょうか?何かもう中途半端に併殺を恐がりますよね?橋本に対して近藤投入。相対し難い投手では無いと思うけど・・、橋本三振で二死。四球目高めチェンジの空振りが勿体無かった。陽ニゴで痛恨の無得点。微妙なタイミングですが、これはまあ、山田が上手く対処しましたね。

田原投入も中村安打&犠打で一死得点圏。西浦中飛、大松三振で無失点。田原にしては珍しくスラで空振りを取れましたね。(腕の振りが悪くないのか?)大松をスラ空振り、外シンカーで追い込み、高め釣り球、内角ズバッとで見逃し三振。シンカー以降は打てる球がありませんでした。いつもこうだったら頼もしいのに・・。(笑)

<終盤>坂口安打で無死走者。先頭に真ん中投げて打たれるのは六回も七回も一緒ですね。ラッキーなバレ遊ゴで二死。謎のイメージから山田敬遠、リベとの勝負を選択と。昨日今日で両者に恐さの差があるとは思えませんが、リベ遊飛で無失点。

いやいや、亀井二球目までの判定はこれまでのそれと違うて。(呆)辛いどうこうの前に下手糞なだけでした。亀井振り逃げで一死一塁、判定の影響からバットを出さざるを得なくなった中、これは美味しい出塁です。おいおい、長野三振の外角直球と直前の内角カーブの広さはどないなっとんねん!今季これまでの中で一番酷くね?(球審は原)小林に代打相川、この代打を予定していたなら、長野の時点で亀井に代走重信を送るべきです。前のめりになるべきところでなれていない。(石山の牽制は上手そうでしたけど、1点を追う以上は安打一本の価値を持ち上げていくしかありません。)

<締め>九回はルーキの前に三凡で試合終了。ちょっと球審の質が酷かったです。高め一杯と思える球は左右お構いなしにストライク、それも終盤に進むにつれて顕著になっていきました。亀井の打席を見れば一目瞭然、あれでは野球になりません。それはさておき、内容の方。四回表無死一塁で小林の場面。まず、この状況で逃していけないのは陽に得点圏で回すこと。点差は1点ですしね。小林R&Hがベストな形で決まったとして無死一三塁(?)、宮國に二進犠打をさせ、一死二三塁で陽というところでしょうか?プランとして宮國の続投は既定だったので、宮國に犠打をさせたいと考えた可能性は高いです。出来れば小林は死んでほしくない、併殺を防いで最低一死二塁を残してくれれば・・、そういう発想の下でのR&Hかなと。ただ、小林の技術からするとR&Hという指示は打者小林のサポートになっていないと思います。(昨日のマイコバスターと通じるものもあるけど)当てるだけでOKと進塁打出来るなら、もう少しまともな数字を残していますよね。いやまあ、昨日の内容からして実際はもっと小林に期待していたのかもしれませんけど、その何というか都合の良さを含んだ奇策というのが、自分達の足下を見て野球をしているように見えないんですよね。単純に言ってしまうと「要らんことをするな」なのですが、シンプルに陽にお鉢を回すのが形として重要なのと、昨日のマイコの打席での紆余曲折と一緒ですが、もっと一球(この場合は小林の初球ファール)を大切にした方が良いと思います。野球ってそんなに首脳陣の采配で試合が上手く転がるようなものではありません。夏場までの得点力不足や今の打線を並びを見て、何か小技を駆使して得点出来るような野球をしてきたか、又はやろうとしているかというと、ちゃんちゃらおかしい話ですよね。苦し紛れの奇策というのは原前監督時代のものを悪い意味で継承しているように見えます。さて、話は変わって甲子園の話。どんなもんなのよと広陵の中村君の打撃を見てみました。一言でいうと小林と較べることがおかしいです。捕手としての守備面は未見ですが、単純に打者として特Aだと思います。タイミングの取り方は少し不安になるくらいに小さいですけど、右中間への長打もあり(受けが非常に強い)、瞬発的に内角を捌く能力もある。この時点の能力だと坂本や岡本よりも上に見えます。体の捻りと球の捕らえ方との関連でいうと岡本に似た要素がある打者かなとは思いますが、恐らく、体が岡本よりも強い為に今の時点であれだけの飛距離を実現しているのでしょう。あれだけスマートに見えつつも明らかな長距離砲という右打者はあまりいませんよね?チームの捕手事情を問わずとも、ドラ1候補として名が挙がる選手ではないでしょうか。それでは、また明日。(ちなみに原球審は結構な前科者のようですね・・。)
ヤクルト 2 - 8 巨人

<序盤>あらま、昨日の中止に引き続いて今日も雨模様ですか。前回の対戦で躍動していた山崎の打率が急降下していますね。相手が研究してくるのもあるでしょうけど、同じくらいに自身の形を維持することが難しいように思われます。(坂本ですら、今の調子ですからね)

意外に伸びた二死からの亀井弾で先制!正直、頑なに亀井以外のスタメンを試そうとしないのなとは思っていましたけど。(笑)

山田3球三振は直球、スラ、カーブを一球ずつ。球種の粒が揃っていると、小林の選択肢の自由度が広がりそうです。(カーブが序盤から決まると有り難い)

小林&犠打で一死得点圏。いつも書いてますけど、下手な犠打なりに必死に何とかしようとするマイコの闘争心は頼もしく見えます。陽適時打(二塁憤死)で追加点。

西田二塁打から二死三塁を背負うも坂口遊ゴで無失点。

<中盤>坂本遊失で無死走者。確か前回は奥村のステップの多さを指摘したように思いますが、送球(肩)も秀でているわけでは無さそう。現状で光って見えるのは打席での戦う姿勢だと思いますが、まずトータルのバランスが悪ければ高卒で指名されていませんので、まだまだこれからという感じでしょうね。阿部中飛に村田三振。失策で頂いた無死走者、二塁から一打で帰ってこれる坂本を得点圏に送れずですか・・、ここがチームとして明らかに強くないところだと思います。亀井三振。

先頭山崎遊内安もバレ、山田連続三振。両者共に初球カーブで0-1として優位に立てています。昨季は横浜でのマイコ苛々事件(あんなもん、どう捕ってもボールだべ)がありましたけど、マイコと小林の信頼は十分に厚く見えますね。リベ三ゴで無失点。

いやだから、一死一塁マイコで初球バスターの後に犠打をするとか有り得ないです。(送りたいなら頭から犠打すべき)相手の裏をかくにはそれなりに計算出来る技術が必要であって、犠打失敗の可能性もありますけど、シンプルに1番陽の価値を高めにいくべきだと思います。マイコの犠打は怪しいですが、奇策に出る前にそれを改善する為の取り組みをしているようには見えません。まぐれでその一手が決まったとしても、そんな丁半博打をやっているようなチームは強くなりません。

試合成立を急ぎたくなるような雨の強さですけど、ここでの焦りは禁物。小林はカーブでいけると踏んでいますが、マイコは西田への直球勝負に拘っています。一打席目に二塁打されたという投手心理は少なからずあるかと思いますが、直球2つ続けた後での低めカーブで西田三振。

貴重な坂本弾で3点差。ようやく一本が出ましたね。深いことを考えずに振り切ったら球がえらく飛んでいきました。音無しだったことへの焦りが無かったといえば嘘でしょうから、これでじっくり球を見られるようになってほしいです。豪快な阿部弾で更に加点。相手失策による一死一三塁も長野投ゴ、小林三塁打でビッグイニングに。今朝の報知に小林の尻を叩くような記事が出ていましたが、小林はとにかく甘くゾーンに入ってきた球に対して積極的に自分のスイングをすること、それを徹底させるべきだと思います。良い時のスイングは悪くないので、とりあえずは中途半端な対応や勿体無い見逃しを減らすと、そうしていけば期待値が少しずつ上がっていくと思います。しかし、程度の差こそあれ、同じことが長野に当てはまってしまうというのが何とも情けない限りです。(抜け)

<終盤>八回裏、山口鉄が西田弾を浴びた場面で復帰。今日は腕が振れていないのか、直球系もスラも概ね甘く入り、叩かれましたね。西村が火消しをして2失点止まり。これ以上取られると九回の人選がややこしくなってきますが、6点差なら(一度どたばたしたとしても)大丈夫でしょう。

田原投入ですが、これ中川をどういう位置付けで起用していくのでしょう?芽が出始めている存在なだけに、今日のような展開で起用しないのは機会の損失だと思います。田原が無失点で締めて試合終了。

<締め>う~ん、山田の打撃が戻ってこないですね。スイングスピード、瞬発力だけは昨季までと同じものを出そうとしているように見えますけど、フォームのバランスや状態の維持が利いてないので、無理に振り回している感じに見えてしまいます。ああ・・、でも最近は3試合連続でマルチを記録していたのか。じゃあ、今日はマイコの投球に圧倒されたということで良いのかな?マイコはこの悪コンディションの中、最高の投球をしてくれました。六回表の打席なんて立っていればいいのに、会心の打球を飛ばす気満々でしたね。(汗)正直、ベンチ指示での棒立ちで良かったと思います。小林の打撃ですけど、2安打したことよりも八回表無死二塁から追い込まれた中で一ゴ進塁打を打てたこと。あれを毎回出来るようになったら、チームは全然変わってくると思います。(小林どうこうの前に先週は3番、6番に当たりが無さ過ぎ)同様に直前の長野も2-1からボール球のチェンジに飛びつくような空振りをしていては駄目ですよね。三割打てれば一流の世界ですけど、実際はその三割の部分だけを当てにしていても簡単に点の取れる打線にはならないというのが野球です。マイコの犠打もそうですけど、先週の藪田や岡田相手に点を取れるチームにならないと・・、今日の8点なんて通りがかったスーパーで特売セールをやっていたようなものだと思います。書き出すと長くなるので止めておきますが、宇佐見も思い切って試してみたら良いと思いますよ。亀井スタメンのように一つの形に固執すべきではないです。チームとして2位を目指すのが至上命題であれば小林でいくのが妥当だと思いますけど、シーズンを通して常に同じ面子で戦えるわけではありませんから、もう少しチームの将来を意識した選手起用や時間の使い方をすべきだと思います。鉄は熱いうちに打てというか、坂本でもバランスを崩すとこうなるわけですから、活きが良く見えた若手には最低限のアピール機会をあげた方が良いです。(こう書いてる時点でもう遅いわけですが・・)それでは、また明日。

| ホーム |


 ホーム  »次のページ